精密機械が使われる業界って何がある?

色々な所で活躍する精密機械

どんどん進化していくプリンター

進化していくプリンター技術

日々進化していく精密機械を利用したものの中で最近話題になったのは3Dプリンターです。
今までのプリンターは、白黒しかコピーできなかった時代を経てカラーコピーができるように進化し、画質も年々綺麗になっていきました。

しかし今では3Dプリンターを用いて奥行きがあるものをコピーできるようになったのです。
自分そっくりなフィギュアを立体的に作ったり、思い描いて書いたものを立体的にコピーすることができる時代なのです。

最近では低価格で十分満足のいく意味があるのは当然のせいかな個人用の3Dプリンターも出始めたことから、より身近で簡単に3 D プリンターを利用できる時代になるのです。
一家に一台3Dプリンターがあるのが当然の生活になるのも、すぐかもしれません。

便利すぎると時にデメリットを引き起こす

プリンター業界もついに二次元のものだけではなく三次元のものを作り出せる時代になりました。
自分が思い描くものを立体的に表現できることから、様々なことで利用できそうな気がしますが、問題も発生してきました。

それはいくらでも武器を作れるということです。
日本ではご存知のように一般市民が拳銃を持ってはいけない法律があります。

しかし最近アメリカで3Dプリンターを使い拳銃を作る人が現れました。
3Dプリンターで作った拳銃は果たして、拳銃なのかおもちゃ感覚のものなのか。
いくら3Dプリンターで作ったとはいえ殺傷能力は十分あるのです。
3Dプリンターができたと同時に事件や不慮の事故を防ぐためにも、法律の見直しをする必要があるのかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る